こうすれば高額になる|重機は古くてもフル活用できます!査定は買取業者に頼ろう

普通は安くなってしまう

中古車というものは年数が過ぎるにつれ、中古車市場でも価格がゼロに近くなってしまうといわれています。しかし、重機の場合は異なり、10年経過していても買取金額がある程度つくといわれているのです。それでも買取金額をできるだけ高くするためのコツがあるので知っておくと安心です。

高額買取を実現するための方法ベスト5

no.1

査定を複数社に行なってもらう

会社によって査定額が変わってくるということはよくあることです。そのため、買取を依頼する人の中では複数業者に査定を依頼するというのは鉄板なのです。近くに重機買取の業者が少なくても、遠方の業者からいくつか選びましょう。

no.2

査定までに綺麗にしておく

車内や外装の清掃はすぐにできることなので、やはり高額買取のために二番目に大事になってくるのが清掃です。査定する人の印象を良くするということは、「今まで大事に使っていたよ」というアピールをすることでもあるからです。

no.3

買取強化の重機をチェック

ある業者では買取金額が低くなって、ある業者では高くなるという現象が起こることがあります。買取金額が低い業者の場合、もう既にその種類の重機が揃っているのでしょう。それぞれの業者で買取を強化しているものがありますので、ホームページでチェックしましょう。

no.4

売却に最適な時期に売る

重機が最も必要とされるシーズンがありますが、この時期に売却をすると買取金額が高くなります。全ての種類の重機が同じ時期にシーズンになるとは限りませんが、3月頃に需要が高くなる傾向にありますのでチェックです。

no.5

機能を整備しておく

今付いている機能が動かないのであれば、それだけで印象が悪くなるので普段から丁寧にメンテナンスをしておくことが必要になってきます。直前にお金をかけて整備しなくても大丈夫なので、状況を業者に伝えられるようにしておきましょう。

こうすれば高額になる

工事現場

普段から大事に使おう

トラックには大きくて重い荷物を大量に積み込むことがあるので、どうしても汚れてしまいがちです。それでも積み込み方を工夫することや、整備を丁寧に行なうことで、新車同様に使い続けることができます。大事に使っていれば、買取の際にも買取金額が高くなることがあるので、それも見込んで使うべきです。

買い替え時を見極める

なるべく買取金額を高くしたいというならば、アワーメーターの寿命も把握しておきたいものです。故障箇所が少なく、今後も長く使い続けられると査定されれば、もっと高い金額がつくことがあるからです。

各部品には寿命がある

例えばバックホウにはアワーメーターという部品が付属しています。バックホウに関していえば2000~3000時間が設定されているのですが、これの時間は何かというと、各部品の交換、修理目安となります。もし油圧ポンプやエンジンが壊れる前に買取してもらいたいというのであれば、3000時間を超えた重機は売却を検討すべきです。

これを読めばもっと中古買取業者を活用できる

トラック

トラックとは違う

重機を売却する人もいれば購入する人もいます。もし購入する場合はダンプカーや中古ダンプの買い方について不明瞭なことも多いので、知識を得ておきましょう。現場によって活躍するダンプカーが違うので覚えておくべきです。

READ MORE
重機

ネットを活用して査定

重機専門の買取業者は乗用車の買取よりも多くはありませんので、見積もりをとってもらうときにはWebを使うようにしましょう。メールフォームに必要な情報を記入するだけで、大まかな値段を把握することができるので便利です。

READ MORE
工事現場

こうすれば高額になる

買い替えのタイミングが良ければ、重機の買取金額を高くすることができます。タイミング以外にも、査定の前に車内を清掃することや、各機能の動作を確認しておくことが大切になってきますので、事前に確認しておきましょう。

READ MORE
広告募集中